注意するべき事柄


これから、塾講師になりたいと考えている人も見受けられます。 塾講師にはこの仕事ならではの特徴があるので、仕事を始めるに先立って理解しておくことが大切です。 一口に塾講師と言っても、授業の形態には複数の種類があります。 塾の授業形態には、大きく分けて個別授業と集団授業の2種類が存在します。


その内、個別授業では、家庭教師と同じようなマンツーマンスタイル、もしくは1対2など、非常に少数の生徒を対象として指導を行ないます。 また、集団授業の場合、学校の授業のように、集団の生徒を対象とした指導をします。 1クラス当たりの生徒数からして、多くの場合、個別指導よりも集団授業の方が、高額な報酬が用意されています。


ただし、指導対象となる生徒が多ければ多いほど、それぞれの生徒に対応した指導内容を考え、実践する必要があり、授業の難易度は高く、準備に掛かる時間は長くなる傾向にあります。 したがって、給料だけではなく、それらの大変さがあることも考慮に入れた上で、適切な判断をすることが大切です。 塾講師と言えば、この業界ならではの高い給料が用意されていることで知られています。 ただし、塾講師をする上では、授業を行なう以外にもさまざまな仕事をこなす必要があります。